air,water,and dogs 私が生きるのに必要なモノ
by la-brothers
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
www.flickr.com
notice!
このブログの登場人物♪

ヒロコ*
アタシです。
197△年3.30生まれ。
2013年3月29日に
ちょんまげを連れて
結婚しました。
現在のマイブームは
ぐったり、まったり。。。
最近は大好きだった
お菓子作り、パン作り、
フェルトや編み物も
全然やってない。
主婦業もやってないw
毎日バタバタしています。
やりたいことも、
やりっ放しも多い多動型。
0型牡羊座。

やまちん*
旦那さんです。
亭主関白な九州男児。
心根はとっても優しい人。
変な所細かく、
変な所おおらか。
アタシより早く仕事に行き
アタシより早く帰るので
慣れない晩ご飯作りを
頑張ってくれてます♪

一緒に暮らしてる犬たち

長男*
チョッパー 2003.3.17生

次男*
ゴロ 2003.6.8生


今は一緒にいない犬たち

lab*チロル 1996.4.17
       2012.5.18☆

jrt*マメ 1996.11.7 
      2011.12.15☆

jrt*ちょんまげ 2000.4.5
         2015.12.10☆
寂しくなりました・・・。


+ L I N K +

La-Brothers
アタクシのお店デス
のぞきに来てね♪

OKINAWA2002
犬たちと行った沖縄、座間味の思い出

Two for the Road
マメのお友達のぷらな

703語録
マメのお友達のK46と634

moro69の日記
ジャック友達のシャドーとメイ

MAYJULA週末日記
アジお友達のMAYちゃんとJULYくんのお家
新しくジューンが家族になりました

ネコノヒタイ(仮)
旧友のつれづれな日記

親父の独り言
若きmiyakuni父の独り言ブログ

ナナちゃんと!
大阪のシーズーのナナちゃんのブログ

亜符瑠邪無波無珂符恵
賑やかなあぷじゃむぱんかふぇ家のブログ

飯田史
弟A家の日記。ミックにも会えるが実はラーメン、ラジ日記ではないかと思う・・・

sucre' sale'
JRTの欧介とBCLの蒼太の日々を綴ったブログ

犬とクルマののほほんな日々
あこがれのワーゲンバスでクララとブビと旅して暮らすBUSBUSさんのブログ

肉のなみかた
米沢市にあるお肉屋さん
犬にあげられるバラエティ豊かな部位のお肉が沢山
もちろん人間が食べるお肉も美味しいよ

とり農園
鶏肉が沢山!
犬にあげられるお肉もあり
せせりとやげんが大好きで人間は必ず注文します

メッツゲライ・イケダ
富山にある手作りハム・ソーセージの専門店♪
お肉が美味しい~!
通販でもお買い物できます

DOG WASH SCOOP!
大阪のセルフシャンプー&トリミングショップ
ラブ友がいつの間にかシェパ友になってしまった(笑)
いつでもまじめに犬のことを考えてます

one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2
沖縄座間味島の情報で知り合ったちゅらくん☆
日々の生活を楽しんでいらっしゃるgoopeeさんのブログです。

天天快楽
パピヨンのイブくんとジャック・ラッセルのマリちゃん
2匹の楽しい日々のブログです☆

ライスのおかわり自由だじょ
JRTのメイ&ライス
ミックスのさつきちゃんのブログです☆
メイちゃんがかわいくって仕方ありません・・・♪














































































お気に入りブログ
☆なると兄弟
眠り病!?
本日まく日和
犬たちの通院記録
ぐうたら堂へようこそ
でかくろさんぽ
ワンコとギターに囲まれて...
Winky Winks
A*s (Atelier...
Herbie's Del...
R°105
もじ畑
イエノオト
S・Breeze
nanako*sweet...
三吉ごはん日記
Bow Bow 日記 別館
さんちゃんの弟たち♪
続 ひとりごと
あくびのひとりごと
カテゴリ
全体
agility
エクストリーム
dogs
life
travel
seminar
つれづれ
オシラセ
training
喜多方、裏磐梯
食べ物
event
なつかし写真

ソフトクリーム
銭湯
agi練
沖縄
AED
買い物
占い
AED設置場所
検索ワードランキング

あみもの
音楽
喜多方ラーメン
未分類
ライフログ
以前の記事
2016年 05月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
タグ
(264)
(239)
(121)
(97)
(87)
(86)
(74)
(70)
(56)
(55)
(55)
(52)
(41)
(40)
(40)
(38)
(35)
(31)
(27)
(18)
その他のジャンル
最新のトラックバック
介護老人保健施設と介護保..
from 介護老人保健施設と介護保険施..
子供の防犯について
from 子供の防犯
易者身の上知らず
from ぐうたら堂へようこそ
「味噌」のトラックバック..
from 「味噌」のトラックバックセンター
animal sex p..
from animal sex pic..
xxx zoo xxx ..
from xxx zoo xxx zo..
epskbrl
from epskbrl
xdnxcpb
from xdnxcpb
rcbrbbb
from rcbrbbb
hxviclm
from hxviclm
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:training( 5 )
週末はチームテスト1
フセない女、マテない女のマメさんですが・・・。
週末はチームテスト1の受験日です。
大丈夫かな・・・。
c0071459_8274313.jpg
あんたの教え方がヘタクソなのよ。
ごもっともー!

チームテスト1はTT1と呼ばれ、大きく分けて4つの動きがあります。

1,脚側行進系
2,座ってマテ、飼い主は30歩離れてまた犬の元に戻ります。
3,フセてマテ、飼い主は30歩離れ、犬を呼び正面停座→基本ポジション(左脚側に停座)
4,フセてマテ、2チーム同時のテストなので相手チームが受験中、10歩離れた所でずっと待つ。

マメはJKCのCD1受験を目指していたので(あくまでも目指していただけ)脚側はまぁまぁです。
ただ、CD1とTT1の曲がる方向がまったく逆なので最初は戸惑いました。
それ以外は、マメの最大の弱点である「コマンドがあいまい」がどれにもこれにも影響。
スワレといったらフセたり、フセと言ったら座ったり、ジタバタジタバタになるのは13歳になっても変わらず。
まだ教え切れていません・・・どんだけ、ツメが甘いのでしょうかアタシ。

なので、2,3,4が非常に不安です。
2,3はまぁ減点覚悟でコマンドや手を付ければなんとか頑張れるかも。
ただし4は超難関。
更に耳が遠くなっているので、コマンド聞かずマテと言った瞬間歩いてついてきていたりするくせに、ずっとフセで待っていて「コイ!」って声を掛けてもわからずずっとニコニコフセして待っていたり・・・。
出来るのか出来ないのかわかりません。

c0071459_8274337.jpg
付いて歩くのは好きなんだよねー♪

c0071459_8274381.jpg
ご褒美がなくなると、ちょっと合っているか不安でテンション下がっちゃうんだけどさ。

さて今週の目標は・・・
[PR]
by la-brothers | 2010-03-03 08:27 | training
春季訓練競技会@江戸川
チロルとの訓練競技会での公開訓練試験、この4,5年の目標でした。
公認されている訓練所で受ける訓練試験の方が点数のつけ方が甘く、簡単だよというアドバイスもありましたがあえて訓練競技会の場で試験をする公開訓練試験を受ける事に意義があるかなと思ってました。
が。
トレーニングの遅れや犬たちの手術が重なるなど1年に2回しかない本部の訓練競技会はタイミングを逃しつづけてました。

今年ようやく受けられました。
一応、毎日練習しつづけた成果で合格。
チロルさん、11歳でデビューですがCD1の訓練試験に無事合格しました。
c0071459_12581659.jpg

落ちる人なんていないそうだけれど、チロルと受けた事に私の中では大きな意義があります。
調整が間に合わなかった立止は予想通り1回で出来ずに大きく減点されましたが・・・。
仕方ないです。
秋の秋季ではCD2を受験できるように頑張ります。

紐付脚側行進(ツケ歩き)
紐付立止(タッテ)

の2個の規定科目に、選択科目から3個選びます。

チロルは
停座及び称呼(座って待て、離れてからのツケ)
伏臥(ふせ)
遠隔の停座から伏臥(遠隔で座れからフセ)

にしました。

50点満点中35点以上合格で、チロルは45点で合格でした。
チロル、練習よりも元気よく楽しげでハナマルでした。
[PR]
by la-brothers | 2007-04-22 12:58 | training
悩み
c0071459_1740739.jpg

写真は内容には関係ないけれど、大阪に行くといつもお世話になってしまうハナちゃんち。
マメはラブラドールは大嫌いだけれど、旧友のハナちゃんとは会った瞬間から問題なし。
マメにガウガウの心配がないと心が癒される・・・・♪(クリックするとマメも顔も全部見えます)

さて。
今日は悩みをここに吐きだす。
吐きだしてやるーっっ

このところの悩みはマメのアジリティでのスタートの悪さだ。
競技会でも今年に入ってからあまりその心配はしないで済むようになり、私も嬉しく競技会に参加していたというのに。
ついうっかりまた2週連続なんていうマメの一番テンションが下がる競技会の出方をしてしまったりしてマメのやる気をそいでしまったんではないかと心が痛む。
やりたがりの人間を飼い主に持ってしまうと、アジをやりたがりじゃない犬は苦労するよね。
ごめんね、マメ。

とはいっても、ここは何とか乗り越えたい。
アジの先生曰くの「ホールドしてマメのやる気が出たところでスタート、というのを繰り返してマメの考え方を変えるしかない。」「それはすぐかもしれないし、時間がかかるかも知れない」というのをしっかりふまえこれも練習継続していきたい。
けれど。
競技会にも出たい私としては、競技会でホールドしてマメのやる気を待っていたら日が暮れてしまう!くらいやる気にならないので・・・もっと何とかする方法を考えたいわけです。
今はスタートは非常にやる気はないけれど、ゴールが近くなればなるほどハイテンションになってゴールします。
私の理想では、スタートの地点でゴールのことを思いよだれがでるような気持ちになってくれる事・・・かなぁ。
そしたら最初から最後まで楽しく走れるのでは??

犬に物事を教える時には、物事の最初から教える方法と物事の最後から教える方法がある。
簡単なことを教えるには物事の最初から教えていっても、犬は最初「こいつ、何させたいんだ??」と思ってもすぐに「あぁ、そういうことね」ってわかりやすい。
ただ、最後に決まった形があったり最後がかなり遠い場合は最後から教えた方が犬にわかりやすいし、答えが分かっているからそれに至るまでのスピードや意欲も維持できるという利点もあると思う。

で。
私が何を悩んでいるかというと。
(おお、こんなに長く書いているくせにまだ本題ではなかったのか!)

例えば・・・
簡単なシーケンスがここにあるとして。
①スタートにマメを待たせて1本目のハードルの先にご褒美を置き飛んだらあげる。
 これを繰り返して、いつかは離れた最後のゴールにご褒美が置いてあっても
 マメが意欲的にスタートするようになるようにする。(最初から教える方法)
②ゴールにご褒美を置き、マメをゴールよりも1本前の所からスタートさせて
 ゴールしたらご褒美。
 だんだん、ゴールから離れたところにマメを置いていき、最後にはスタート
 から意欲的にゴールまで行くようにする。(最後から教える方法)

やっていることは同じように見えるかも知れないけれど、微妙に違う。
うーん、どちらが私の目的に対して理想的な教えたかなんだろうか??
とにかく、マメがちゃんと理解して出来るようになるまで途中で投げ出すのはダメなわけで。
しかもこの練習方法がベストなのか??それとも他に何か??
悩んでいる暇があったら練習しろと自分に言いたい。
風邪ひいたり、腰痛がってる場合ではない。

独り言にお付き合い下さってありがとう。
コメントは非常にあほらしいかと思いますが、ゲキでも飛ばして私のお尻ペンペンしてやってください。

とある影のお方へ:ハードル3本練は細々とですがまだ続けておりますよー。

 
[PR]
by la-brothers | 2005-10-27 18:00 | training
ふむふむ・・・
私はしつけの理論とか犬が学ぶしくみを考えることがすごく好きで散歩中も仕事中も、脳みそはそちらの方に旅立っている事が多いです(笑)
以前もお話しましたが、このブログはスー・ゲーリングさんのセミナーで分からない言葉があって(ブリッジアンドターゲット)そのことを検索して出会いました。
私自身はフリースタイルはまだチャレンジしてないし(ヨボマメとはやってみたいな)まったく面識もなく、一方的片思いって感じですが・・・
大好きなブログです。
私の知りたい事、まだまだいっぱい知っている気がする・・・

犬と踊るBLOG

服従訓練という言葉、その言葉を聞いただけでこちらの言いたい事を意図せず威圧的でイヤなイメージに聞こえてしまう事が多いです。
そして、これに関しては人それぞれ受け取り方が違い、その服従訓練というものに求めるモノも違うような気がする・・・
ということで、陽性強化系ではよく耳にする「オビディエンス」という言葉を私も使う事が多いのですが(日本では服従という言葉よりも威圧的に聞こえない気がしてた)・・・
こちらのブログをみたら、「あ、日本語と同じ意味合いなんだね^^;」って分かりました。
ああぁ、何だかスッキリ。

いつも沢山お勉強させて頂いてます。
これからもよろしくお願いします~(←ひとりごと)
[PR]
by la-brothers | 2005-07-01 10:43 | training
考えさせられる。
犬と踊るBLOG
私が大好きでこっそり読ませて頂いているブログ。
以前、スーさんのセミナーに行った時にブリッジアンドターゲットなる言葉を生まれて初めて聞いて検索ガンガンしてヒットしたブログ。
犬たちとフリースタイルを楽しんでいらっしゃる方のブログです。
ブログの内容も酒と食べ物におぼれている私のブログとは雲泥の差で、私の脳みその構造が欠陥品に思えるほどとてつもなく勉強になります。

私は英語力に乏しいのに、外人講師のセミナーにはよく行きます。
英語が分かる方は先生が話したジョークにリアルタイムに反応しますが、私は通訳さんがわざわざ訳してくれたタイミングで笑います(; ;)
英語力がもっとあったならばきっともっと私の知識もアップするのだろうに・・・というほど日本語よりも英語な文献や先生のお話に興味があります。
もちろん、日本でも大好きな先生は沢山います(笑)

テレビで犬の特集番組などを見かけますが、しつけの方法は素人さん(私を含め)が聞きかじってやってみてもいい方法と、そうでない方法があると思います。
弊害が少ない方法であればチャレンジしてもいいと思いますし、弊害が大きいものはどんなに一発で問題行動が無くなったとしても、すべきではないと思います。
このあたりは非常にナイーブな問題であって、犬や人が違えばアプローチの方法は全然違ってくる場合もありますし、その方法をやってはならない犬もいるかもしれません。
でも、そういう部分をすっ飛ばしてさも便利な方法だと言わんばかりに放送されたり、本当はもっと長く説明しただろうに微妙な所はカットしてあるようだったり・・・
危険だなぁ、って思います。

海外は、みんな陽性強化で教えていて陰性強化的方法(犬に身体的罰を与える方法かな)は少数派なんだと思いこんでいました。
でも、そうでもないんだな・・・と、この「犬と踊るブログ」を読んで思いました。
実際、少数派なのか多数派なのかはわかりませんが。。。報道されるとそのいいところばかりが人に知れ渡ってしまい、実際その方法に飛びついてしまう人も多いと言う事。
日本も海外でも同じなのかもしれません。

お昼のテレビで「いいよ!」ってやっていたものが夕方のスーパーで売り切れになっていたりするとすごく感じます(笑)

何度も言いますが、私は陰性強化を否定はしません。
実際、今の私と犬との関係は陰性強化でしつけていた時期が確実に存在するわけで、それが今の関係にどう影響しているかはわかりませんし、していなかったらどうなったかは私にはわかりません(笑)
そして今も、犬がものすごーく私を恐れ、確実に言う事を聞くのは叱りすぎた経緯があるからですし、これを利用している部分はあると思います。
私が犬仕事をしていた当時は陽性強化は本当に少数派であって、「犬をご褒美でつるなんて」って本気で思ってました。
チョークチェーンしか持たず、リードは皮しか持ってませんでしたし、時々ショックを入れながらキビキビ散歩していたもんです。
今は著名な先生が、実際にレクチャーしてくれるチャンスもいっぱいあったのに興味がありませんでした。(今考えるともったいない!)
でも、今は陽性強化です(笑)
10年以上前の私に言ってやりたい、「あんた10年後は陽性強化好きよ!」って。
人って変われば変わるモンですね~
陽性強化は理論です。
だから、理論さえ分かっていればお友達同士でよりよい方法を考えてみたり、いろんな事に応用する事が出来ます。
お年寄りや小さな子供にも、自信を持って教えてあげられます。
失敗したら、おやつが大好きになったりウキウキはしゃいでしまうような弊害はあるかもしれないけれど、飼い犬からの信頼を失うような弊害は起きないんではないかしら。

どっちもやってみた。
でも、陽性強化の方が好きだった。
犬とキビキビあるくよりも、テレテレとコマンドを出さなくてものんびりゆっくりと歩く散歩の方が楽しいと思った。
犬が小さな脳みそを使って自発的に考える姿が好きだった。

それだけなんですが(笑)

今日はスイッチどころかターボ入っちゃいました。
長文にお付き合い下さってありがとうございました~
[PR]
by la-brothers | 2005-06-05 18:26 | training